×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クリック証券

100円以下超低位株研究所 >> 低位株取引の前に証券口座の開設 >> クリック証券




ここ気合入ってるんです。何を急にと言われるかもしれんがウィキペディアによると

「2005年10月28日、東証一部上場のGMOインターネットグループの子会社・

GMOインターネット証券株式会社として設立された。

2005年7月に、現在の代表取締役である高島秀行がGMOに入社し、

その後1年に満たない期間で証券業の免許の取得とシステム構築を行い、

ネット証券を一から一人で立ち上げたと言われている。

一人で立ち上げたってところが凄いと思いませんか?気合入ってます

ということは客に対してもサービスが気合が入っていると考えるのが普通です。

「安い手数料」 と「シングルサインオン」 に特徴が見えます。

「東証1部のネット企業であるGMOインターネットの子会社として新規参入を果たし、

手数料の安さに重点を置く。2006年5月12日に取引開始。

野村證券子会社で、同時期に開業、同様に手数料の安さを売りにしている

ジョインベスト証券やSBI証券、楽天証券などと手数料競争を繰り広げている。

また、2007年1月より信用取引は一律150円にすると発表。

参入するすべての分野で、「玉砕戦法」とも形容される破格の値段で、

業界に価格破壊を起こしている

価格以外でも顧客の実際の取引で順位を争うトレード大会(トレードアイランド)、

ブログに取引結果をはることができるように取引結果を画像で

出力するサービス(トレード日記)など他のネット証券とは一線を画している。

通常は株式用・FX用・先物用とID/パスワードはバラバラになるところを、

シングルサインオンにより、1つのIDパスワードで全ての取引を利用でき、

複数管理の煩わしさを開放している。」

「手数料の安さ」と「口座管理サービス」、「取引意欲を高める大会やサービス」

がわれわれ個人トレーダーにとっては大きなアドヴァンテージですね。

口座を開設しておいても間違いなく損にはならないでしょう。




資料請求・口座の開設は ↓↓↓ から出来ます。 

【クリック証券】資料請求はこちら!






100円以下超低位株研究所へ戻る


収支情報

これからくる超低位株銘柄

超低位株入門

証券口座の開設

クラス別低位株の研究

低位株書籍

資金1万円実験倶楽部

株で儲かったら読むコーナー

リンクについて